Content
当社のプロジェクトを検索
または
* 1年当たり
家族*
CO2 は避け*
Peak power
エリア
LEGEND
場所
-
-
4.4 kW
31 (sqm)
Turkmenistan
Ashgabat,
-
-
8 kW
62.7 (sqm)
Mozambique
Manica,
2
-
4 kW
27 (sqm)
Lebanon
Zreiriyeh,
-
-
1.8 kW
Mozambique
Telecommunications tower,
独立型発電システムとは ?
公営の送電網につながれていない電力系統。電力源は化石燃料または再生エネルギーで、独立したエネルギー消費者向けの電力生産。
独立型発電システムの利点は
独立型発電システムは、公営の送電網への接続が不可能、または非常に高価であるような都市部から離れた地域に必要な電力を供給します。
電力にアクセスできることで、生活に必要なものが供給されます。
  • 水の揚水と浄化
  • 食品の冷蔵
  • 照明
  • 村落の電化
  • 独立型発電システムの別の利点は、太陽光発電なので、エネルギー生産に必要な原材料にかかるコストが一切ないということです。
    最初にかかるコストは従来の化石燃料の発電機に比べると高めですが、化石燃料の価格はここ2~30年上昇しており、さらに引き続き上昇することが予想されるため、独立型発電システムは長期的に見るとより経済的です。
    独立型発電システムのさらなる利点は、地球規模でシステムへの需要が高まっているため、価格が下がりつつあるということです。
    これらの利点は、太陽照射が多いアフリカやラテンアメリカなどの場所でより顕著です。
    太陽光独立型発電システムの真の価値は?
    独立型発電システムは、以下の必需品に直接関係する機器にエネルギーを供給するため、都市部から離れた地域で大きな可能性があります。
  • 隔離照明 (インドア/アウトドア)
  • 水の浄化 (電気分解)
  • 食品の冷蔵
  • 街灯
  • 揚水 (飲料用、灌漑用、衛生用等)
  • 遠距離通信 (電波塔)